__CONFIG_colors_palette__{"active_palette":0,"config":{"colors":{"62516":{"name":"Main Accent","parent":-1}},"gradients":[]},"palettes":[{"name":"Default Palette","value":{"colors":{"62516":{"val":"rgb(0, 74, 98)","hsl":{"h":194,"s":0.99,"l":0.19}}},"gradients":[]}}]}__CONFIG_colors_palette__
口座開設

クライアント契約書

1.総則 

1.1 このクライアント契約(以下「本契約」といいます)は、8TOPUZ商標に基づいてサービスを提供する8TOPUZ WEALTH FINTECH LLC(以下「エージェント」といいます)と、個人または法人(無国籍者を除く、18歳未満の個人)(以下「クライアント」といいます)との間で締結されるものです。 

1.2 本契約は、本取引条件に従い、金融商品取引契約を締結した転換裁定取引の過程で生じる両当事者の相互のコミットメントを定めるものです。

1.3 エージェントは、クライアントに以下のサービスを提供します。

1.3.1 CFD プロバイダー(以下「ブローカー」という。

1.3.2 取引の組織化及び顧客が金融商品の契約に係る取引を行うための設備の提供。 

1.3.3 情報・コンサルティングサービス。

1.4 お客様は、取引の動機付けとなるような取引推奨やその他の情報をエージェントに求める権利はありません。

1.5 クライアントは、ブローカーに1つ以上の投資口座を開設する権利があります。クライアントが既に1つ以上のリアル取引口座を開設している場合、エージェントは独自の裁量で新規口座の開設を制限する権利を有します。 

1.6 エージェントは、独自の裁量で、取引推奨やその他の情報をクライアントに提供することがありますが、これらの参照やアドバイスが引き起こす可能性のある影響や利益については責任を負いません。

1.07 本契約で使用される用語は、本契約の最後のセクション-「用語と解釈」で決定されます。

2.取引口座の開設

2.1 取引口座を開設するには、提供された特定のリンクを使用して、ブローカーのウェブサイト上の登録フォームに必要事項を記入する必要があります。

2.2 登録フォームに記入し、取引口座を開設する際に、お客様は、ブローカーのウェブサイト上の口座タイプ比較表で指定された口座タイプと取引プラットフォームの通貨を選択する権利があります。

2.3 ブローカーは、登録フォームに記載されている情報が有効でない場合は、取引口座の開設と維持にクライアントを拒否する権利を有します。

2.4 依頼者は、提供された文書またはそのコピーの真正性について責任を負うものとし、その原本性が疑われる場合には、ブローカーが文書発行国の法執行機関に認証検証を申請する権利を認めるものとし、文書偽造の行為が開示された場合には、文書発行国の法律に基づき、依頼者は責任を問われるものとします。

2.5 ブローカーは、顧客が取引を行わなかった場合、それが開設されてから45日以内に取引口座の維持を終了する権利を有します。

2.6 ブローカーは、ブローカーのウェブサイト上の口座タイプの比較表において、この口座タイプで指定された期間の顧客端末での取引の真の履歴を提供する責任を負うものとします。

3.相互決済の手続き

3.1 資金は、取引口座の通貨で取引口座から引き出すことができます。資金の引き出しは、検証済みのクライアントのみが利用可能です。

3.2 クライアントは、彼のメンバーエリアで資金引き出しアプリケーションを作るときに指定された制限内で、彼の取引口座から任意の合計を撤回する権利を持っています。

3.3 取引口座への入出金の手続きは、ブローカーの支払部門の営業時間内(午前9時から午後6時まで)に行われます。

3.4 顧客が「会員エリア」の自動入金サービスを利用した場合、ブローカーは、顧客からの入金を受けてから 2 営業日以内に顧客の取引口座に資金を振り込むことを約束するものとする。

3.5 ブローカーは、特に現金資産の換金を目的とした資金の不正使用があった場合には、取引口座での取引の実施を拒否する権利を有します。

3.6 取引口座から資金を引き出す場合、お客様は資金移動のための手数料を請求されます。

3.7 取引を行うためには、クライアントは、クライアント契約に基づき、ブローカーのサーバーでの取引条件を無条件に受諾しなければならない。

3.8 お客様の口座の残高がマイナスの場合、ブローカーは、当該個人領域とお客様との間に関連性があると 判断した場合には、お客様の個人領域の他の口座または他の個人領域の口座から資金を振り込むことにより、将来の承認なしに当該口座の マイナスの残高を返済する権利を有するものとします。

3.09 企業行動:上場証券がブローカー取引プラットフォームを通じて取引されている金融商品に関連している発行体が行った行動で、以下の例を含むが、これらに限定されない。(i)株式分割、(ii)株式併合、(iii)権利発行、(iv)合併・買収および(v)配当。配当落ち日に取引商品のロングポジションを保有している場合は、支払われた配当金と同額をお客様の口座にお振込みいたします。この商品の配当落ち日に取引商品のショートポジションを保有している場合は、支払われた配当金と同額がお客様の口座から引き落とされます。ブローカーは、お客様が取引している株式やCFDの配当落ち日をタイムリーに監視することに対して責任を負いません。この情報はテーマベースのウェブサイトで公開されています。ブローカーが独自の裁量で企業行動を公正に評価できないと判断した場合、ブローカーはクライアントのポジションを決済する権利を留保するものとします。クライアントが配当落ち日にショートポジションを維持しており、取引口座の自由資本が現金調整準備金をカバーするのに十分でない場合、ブローカーはクライアントのオープンポジションを決済する権利を留保します。そのような状況下では、予備の現金調整は、取引口座の残高から差し引かれるものとします。お客様は、ブローカーが取引口座がショートポジションのための準備金の配当をカバーするために不十分な自由資本を維持している場合には、お客様に通知する要件を保持していないことを受け入れます。

4.当事者の責任と義務

4.1 エージェントは、ブローカーのサービスにアクセスするためのパスワードが不正に使用された場合、一切の責任を負いません。メンバーズエリアへの不正アクセスが疑われる場合、クライアントは利用可能な手段を用いて直ちにブローカーにその旨を通知しなければなりません。ブローカーは、そのような通知を受けた後、状況が明らかになるまで、クライアントのメンバーズエリアをブロックするものとします。

4.2 取引口座で行われた取引については、お客様が責任を負うものとします。

4.3 お客様は、法律、法律、規範、お客様に適用されるルールに違反する取引を避ける責任を負います。

4.4 ブローカーは、依頼者の身元を証明する書類を提供することにより、依頼者の身元確認を要求する権利を有します。

4.5 口座開設後に依頼者の登録情報(苗字・姓・愛称・住所・電話番号)が変更された場合、依頼者はブローカーに変更を依頼してその旨を通知しなければならない。

4.6 クライアントは、合法的な性格の資金のみを取引口座に入金する責任を負うものとします。ブローカーは、取引口座に入金するために使用された資金の出所が怪しげなものであることを決済システムから通知を受けた場合、ブローカーは、状況が明らかになるまで、クライアントのメンバーエリアと対応する取引口座をブロックする権利を有します。この場合、ブローカーは、事前に通知することなく、クライアントのアカウント上のすべてのポジションを閉じることができます。

4.7 依頼者は、レベニューロンダリング対策の枠組みの下で公式な要請があった場合、ブローカーが法執行機関に個人情報を提供する権利を有していることを認めます。

4.8 ブローカーは、クライアントが本契約の第4.6条に違反した場合、またはクライアントの取引業務の合法性を確認するために法執行機関から公式な要請があった場合、クライアントの口座およびその資金をブロックする権利を有します。ブローカーは、状況が明らかになるまで、クライアントのメンバーズエリアと対応する取引口座をブロックする権利を有します。この場合、ブローカーは事前に通知することなく、お客様の口座上のすべてのポジションをクローズすることができます。

4.9 依頼者が本契約の第 4.3 条および/または第 4.6 条に違反した場合、ブローカーは、依頼者が行った取引を取り消す権利、および/ま たは状況を解決するための追加書類の提出を依頼する権利を有する。

4.10 ブローカーは、客観的な理由がある場合には、取引サーバーでの取引を非市場取引とみなす権利を有する。

4.11 ブローカーのウェブサイトに掲載されているすべての情報は、図解のみを目的としたものである。

4.12 クライアントは、エージェントとブローカーに書面でその意思を通知した場合、本契約を終了する権利を有します。

4.13 エージェントは、クライアントに書面で通知することを条件に、本契約を直ちに終了させる権利を有します。

4.14 本契約の解除は、当事者の一方が本契約の解除を通知する前に発生した義務を解除する責任から、仲介者および依頼者を解放するものではありません。